津南町の普段の暮らしを、子育て・移住を中心に発信していきます。

今年最大の寒波

 

2021年が始まったと思えば津南町は大雪に見舞われています。

全国的に寒い年始になり、1都3県では緊急事態宣言…。

このウェブマガジンも新たに発信していこうと思います。

今日の津南町の積雪は255cm・・・ただし、ずーっと降り続いているのできっと明日の朝には3m近くなっていることでしょう。

私は津南町に来て2回目の冬を迎えますが、去年は歴史的小雪だったので正直拍子抜けしてしまいました。

しかし、今シーズンは12月14日から始まった大雪が突然2m近くなり、豪雪地帯の津南町もたじろぐ雪の量でした。

3~4日降り続いた雪は関越道で通行止めと2000台以上の立ち往生、さらに国道17号での大渋滞を引き起こし、全国的なニュースになり

「やっぱり豪雪地帯は大変だな」と感じたと思います。

ただ、これは峠を越えた向こうの南魚沼市、湯沢町の話です。

我が津南町はこの大雪でも1日2日で日常を取り戻し、ニュースを見た近所の方々は

「なんだこのくらいの雪でニュースになって・・・」と、過去の大雪を語り始めます。

そんな町の雰囲気はニュースにするには面白くなかったのでしょう。

全国キー局の番組〇ッキリ!が一度取材に来ていましたが、さっさと津南を後にして南魚沼へ行ってしましました。

津南町は大雪の時にしかニュースになりませんが、

大雪の中でも当たり前に生活している景色はニュースに取り上げてもらえません。

全国各地豪雪地帯と呼ばれる場所は至る所にありますが、

観光でもなく、僻地でもなく、普通に学校に行って、普通に出勤してという当たり前の生活ができるのは

津南町以外ではほとんどないと思います。

それは、縄文時代から人が住んでいる形跡があることからも言えます。

 

人が住める豪雪地帯。

そんな津南町の日常を今年は書き綴っていきたいと思います。