津南町の普段の暮らしを、子育て・移住を中心に発信していきます。

桜満開の上郷

 

昨日は津南町の上郷というエリアの桜をご紹介します。

津南町は6個の村が合併してできた町です。

今でこそ町として一つになっていますが、未だにそれぞれの村の雰囲気が残っていたりします。

その中で旧上郷村(かみごうむら)は長野県に面した村で、場所によっては新潟県から長野県に一回出てもう一回新潟県に戻って帰る、なんて住民の方もいらっしゃるところです。

広い土地があるので、農家さんも多く住むエリアで小学校がまだあり、子どももいます。

上郷小学校は少し高台にあり景色も良いところですよ。

日本の原風景の中に住みながら、家族で移住してみたいという方にはオススメの場所かと思います。

また、上郷クローブ座という、旧上郷中学校を利用した舞台設備の整った場所もあり、大地の芸術祭や演劇などで使用していただくようなアーティスティックな場所でもあります。

 

この隣には香港部屋なんてものあります。

ちなみに、国道沿いには保育園、ガソリンスタンド、コンビニ、郵便局が揃ってるので、役場からは離れていますが、不便は少ないところです。

逆に長野県側に出やすいので、大きさ買い物は飯山とかまで行く方もいらっしゃいます。

芸術鑑賞や農村での生活を考えている方、家族で移住したい方はぜひご検討ください。